靴を洗うときに気をつけたいポイント

>

靴を洗う時のポイント

スニーカーの洗い方

面倒だと思われることが多く、スニーカーの汚れは放置されがちです。人間だれしも面倒なことはやりたくないものです。しかし、やってみれば意外と簡単なものです。洗ったり磨いたりするために必要なものも簡単に準備できます。
準備するものは、歯ブラシ、洗剤、石鹸、ブラシです。これらの道具を使い、3ステップで洗っていきます。まずはスニーカーの表面に付着している汚れを歯ブラシに石鹸をつけ磨いていきます。次にお湯につけ染みついている汚れをもみ洗いします。
最後に洗剤とブラシを使い残っているシミをこそぎ落とし、乾燥させ終わりです。以上、3ステップで簡単に汚れを落とすことができます。面倒だと思わずぜひ実践してみてください。

革靴の洗い方

革靴はにおいが付きやすく、雨に濡れてしまって蒸れてしまったら最悪です。そんな時においや汚れを落とすためにはどのように何に気を付けながら洗えばいいのでしょうか。ここでは手順と気を付けるべきポイントを説明します。まず、洗う革靴は水で洗っても大丈夫なものなのか確認してください。
また、色落ちしないかも確認しておきましょう。エナメルなど起毛系の革靴は水で洗うには不安があるのでやめておいたほうがいいです。洗えることが確認できたら次のステップです。表面に付着している汚れをいらない布などにワックスをつけ軽く落としましょう。次にお湯に靴を浸け、スポンジに洗剤をつけ丁寧に洗います。最後にいらないタオルや雑巾で拭けば完成です。


この記事をシェアする

このページのトップへ